2014年02月21日

道路への雪出しに対する宮城県警の見解(回答編)

先のエントリーで示した道路への雪出しに対する宮城県警の見解を質問した私のメールに対して,2月21日にメールにて,宮城県警察本部交通企画課から,次のような回答を頂いた。まずは,次のような丁寧な回答を頂いた宮城県警察本部交通企画課に感謝する。
(私の氏名はitohに置換している)
itoh 様
 日頃より警察活動に御理解をいただきありがとうございます。
 貴殿からの「道路への雪出し」に関するメールを拝見させていただきました。
 道路への雪出しにつきましては、交通の妨げとなる場合やスリップ事故あるいは歩行者の転倒事故等につながる可能性がある大変危険な行為であり、法令上も道路交通法第76条第4項第7号に規定された「公安委員会が定めた禁止行為(宮城県道路交通規則第21条第2項)」に該当する場合もあるものと考えております。
 警察としましては、当該行為を認めた際は、直ちに行為者に対し、その行為の状況に応じて指導警告等を行うなど所要の対応を行っているところでありますが、今後は道路管理者等と連携し県民への周知を図ってまいりたいと考えております。
 今後とも、警察活動に対する御理解と御協力をお願い申し上げます。

               宮城県警察本部 交通企画課

宮城県警の回答では,道路交通法第76条第4項第7号に(中略)該当する場合もあるとあり,道路への雪出しが直ちに道路交通法違反とはならないような表現となっているが,回答冒頭で大変危険な行為でありと断言されているので,道路への雪出しは基本的に道路交通法違反との認識であると思われる。

先のエントリーの私の質問で触れているように,都道府県によっては,道路交通法施行細則や道路交通規則で道路への雪出しの禁止について明記している。それ以外の自治体では,道路交通法第76条第4項第7号に基づいて各公安委員会が判断することになろう。
他の都道府県公安委員会が宮城県警と同じ見解であるとは直ちには言えないが,少なくとも交通の妨げや道路凍結の恐れがある場合は,宮城県警と同様の見解が示されるのではないだろうか。

最後に参考として,雪対策第2次札幌市雪対策基本計画検討委員会の配布資料の中から,「「道路への雪出し禁止」根拠法令」として示されている資料を紹介する。(雪対策第2次札幌市雪対策基本計画検討委員会第3回検討委員会配布資料「別添資料:「道路への雪出し禁止」「路上駐車の禁止」根拠法令(PDF形式:111KB)」)
なお,最後の「道路交通法施行細則(道路における禁止行為)」は,「北海道道路交通法施行細則」のことである。
ネット検索すると,複数の自治体で,この資料で挙げられている道路法や道路交通法を「道路への雪出し禁止」の根拠法令として挙げている。

「道路への雪出し禁止」根拠法令

道路法(道路に関する禁止行為)
第四十三条 何人も道路に関し、左に掲げる行為をしてはならない。
一 みだりに道路を損傷し、又は汚損すること。
二 みだりに道路に土石、竹木等の物件をたい積し、その他道路の構造又は交通に支障を及ぼす虞のある行為をすること。
第百条 次の各号のいずれかに該当する者は、一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
三 第四十三条(第九十一条第二項において準用する場合を含む。)の規定に違反した者

道路交通法(禁止行為)
第七十六条 何人も、信号機若しくは道路標識等又はこれらに類似する工作物若しくは物件をみだりに設置してはならない。
2 何人も、信号機又は道路標識等の効用を妨げるような工作物又は物件を設置してはならない。
3 何人も、交通の妨害となるような方法で物件をみだりに道路に置いてはならない。
4 何人も、次の各号に掲げる行為は、してはならない。
七 前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が、道路における交通の危険を生じさせ、又は著しく交通の妨害となるおそれがあると認めて定めた行為
第百十九条 次の各号のいずれかに該当する者は、三月以下の懲役又は五万円以下の罰金に処する。
十二の四 第七十六条(禁止行為)第三項又は第七十七条(道路の使用の許可)第一項の規定に違反した者
第百二十条 次の各号のいずれかに該当する者は、五万円以下の罰金に処する。
九 第七十一条(運転者の遵守事項)第一号、第四号から第五号まで、第五号の三、第五号の四若しくは第六号、第七十一条の二(自動車等の運転者の遵守事項)、第七十三条(妨害の禁止)、第七十六条(禁止行為)第四項又は第九十五条(免許証の携帯及び提示義務)第二項(第百七条の三(国際運転免許証等の携帯及び提示義務)後段において準用する場合を含む。)の規定に違反した者

道路交通法施行細則(道路における禁止行為)
第19条 法第 76 条第4項第7号の規定による道路における禁止行為は、次の各号に掲げるものとする。
(2) みだりに交通の妨害となるように道路にどろ土、雪、ごみ、ガラス片その他これらに類する物をまき、又は捨てること。
posted by itoh at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | 更新情報をチェックする

道路への雪出しに対する宮城県警の見解(質問編)

2014年2月8,9日の大雪の際,自分の宅地に積雪した雪を,自宅前の道路,しかも行政の除雪対象以外の道路に出している住民がいたので,止めるよう注意した。その時は既に道路上に大人の膝上までの積雪があり,自動車の通行が困難な状態にもかかわらず,さらにその上に雪出ししていたため,自動車の通行がさらに困難になると判断したからである。

道路への雪出しについては,ネット上でも様々な意見が出ている。私は,道路への雪出しは交通の妨げになり危険な行為であるため,道路交通法等にも違反する行為ではないかと思っている。
道路への雪出しについて,道路交通法を所管する警察がどのような見解を持っているか確認するため,宮城県警ウェブサイトの相談メール投稿フォームから次のような質問を提出した。
宮城県警
担当者 殿

道路への雪出しについて,宮城県警としての見解を知りたく,ご連絡しました。

比較的積雪量の少ない宮城県においても,冬季は毎日冷え込み,道路凍結の恐れもほぼ毎日あると思います。
そのような気象条件の中,宮城県においても,道路への雪出しは交通の妨げ・危険となるものであり,道路交通法第七十六条に違反する行為ではないかと思いますが,宮城県警としてはどのような見解をお持ちでしょうか。

宮城県道路交通規則第21条(1)に「氷結するおそれがあるときに、道路に水をまくこと。」とあります。雪は温度条件によって水の形状が変化したものですので,この第21条(1)の「水」は「雪」も含まれるのではないかと思うのですが,このような解釈で間違いはないでしょうか。この解釈が間違いなければ,宮城県平野部でも冬季はほぼ毎日道路凍結の恐れがある程度に気温低下しますので,道路への雪出しも「氷結するおそれがあるとき」に該当すると思われますので宮城県道路交通規則違反にも違反する,すなわち道路交通法第七十六条第七項に違反すると思いますが,このような解釈で間違いないでしょうか。なお,平成25年11月21日発表のプレスリリース「冬タイヤ・滑り止め装着のお願い!!~国土交通省と宮城県警察が合同で呼びかけを実施~」では,「住民の皆様へ 除雪時のお願い」として4項目挙げられており,その2番目に「車道や歩道に雪を出さないで下さい。」とあります。これは,宮城県警として,道路への雪出しが交通の妨げ又は危険行為と認識している上での注意喚起と思いますが,そのような解釈で間違いないでしょうか。このような解釈で間違いなければ,このプレスリリースは,道路交通法第七十六条第七項の「公安委員会が、道路における交通の危険を生じさせ、又は著しく交通の妨害となるおそれがあると認めて定めた行為」に該当するものと判断してよろしいでしょうか。

また,比較的気温の高い日は,午前に道路へ出した雪が夕方までに溶けてなくなる場合もあるかと思います。この場合でも,一時的にせよ,溶けてなくなるまで,雪は交通の妨げとなる塊又は轍として道路に残っていると思います。このような場合も,道路交通法第七十六条や宮城県道路交通規則第21条(2)に違反すると思いますが,このような解釈で間違いないでしょうか。

他の都道府県の一部では,例えば隣県では岩手県(岩手県道路交通法施行細則)と山形県(山形県道路交通規則)では,道路への雪出し禁止を明文化しています。宮城県道路交通規則では,道路への雪出しについての明確な記載はありませんが,道路への雪出しについて岩手県や山形県と同様に解釈してよろしいのでしょうか。

長くなりましたが,以上の点について宮城県警の見解を教えてください。
このような質問をしたのは,今冬を始めとする毎冬,私の住む近隣で道路への雪出し行為が散見され,道路へ出された雪が凍結し轍や塊となって交通の妨げとなっている現状があるからです。
時として,道路へ雪出しするタイミングでその箇所を通過した際に雪が自動車や自転車に当たる,或いは歩行の妨げになるといった体験を何度かしたからです。

本来であれば,法律の解釈や警察の見解を聞く以前に,モラルの問題として,道路への雪出しが周囲に迷惑となることを各人が理解するのが一番だと思います。
しかし,こちらから注意する際,相手によっては,道路に雪を広げたほうが融雪が進む,法律では道路への雪出しは禁止されておらずこちらの勝手だから文句を言うな,などと言われる場合があるため,宮城県警としての見解をきちんと聞くことが必要と思った次第です。

なお,回答いただいた場合には,インターネット等で公開させていただく場合がありますので,ご了承願います。
posted by itoh at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

行政の除雪態勢(再要望編)

先のエントリーで示した,宮城県名取市の除雪態勢に対する要望への名取市土木課からの回答に対し,2月13日にメールで,次のような再要望を提出した。
(担当者名は伏字にしている)
名取市土木課庶務管理係
xx 様

私が名取市電子申請・届出サービスを通じて除雪作業について要望した件について早速解答いただき,ありがとうございます。

私の先の要望でも述べましたが,通常の積雪であれば,私たち名取市民の互助によって対応可能と思われますが,数十年に一度の降雪量については,地方自治法の理念に基づき,行政の積極的な対応を求めたところです。

回答の冒頭にあった,

> 除雪・融雪については12月1日号の広報でお知らせしておりますとおり、
> いわゆる生活道路までは対応できないのが現状です。

を踏まえた上での要望だったのですが,その点がご理解いただけなかったのが残念です。

また,回答の中で,

> なお、緊急車両については四輪駆動車を基本とし、状況に応じてチェーンを装
> 着します。仮に出動要請があった場合でも対応可能であったと思われます。

とありましたが,四輪駆動もタイヤチェーンも万能ではありませんが,四輪駆動やタイヤチェーンの性能について名取市土木課として担保した上で上記の回答と判断させていただきます。

今週末も大雪の恐れの気象予報が出されています。
降雪および積雪によって,名取市民の人命・財産が脅かされないことを切に祈っております。

なお,先の要望では明記しませんでしたが,今回頂いた回答については,インターネット等で公開させていただく場合がありますので,ご了承願います。


最後に,ご多忙の中,丁寧な回答をいただき,ありがとうございました。
本メールへの回答等は必要ありません。

上記のメールで書き忘れた点があり,2月15日に次の点をメールで要望した。
(担当者名,地区名,公園名は伏字にしている)
名取市土木課庶務管理係
xx 様
2月13日のメールで申し忘れた点がありましたので,再度ご連絡しました。

私の住むxx地区には名取市所有の区画が複数あり,私の自宅前の広い空地も名取市の所有地と聞いています。
各宅地周辺部分の道路については,私を含む近隣住民で適宜除雪していますが,空地区画が広く,空地周辺道路の全てを除雪することは不可能です。
少なくとも名取市の所有地周辺については,所有者の責務として,きちんと除雪いただきますよう,よろしくお願いします。また,隣接するxx公園及び公園周辺につきましても,同様の対応をお願いします。

なお,近隣空地については,除雪の雪置き場として利用させていただいていますので,ご了承願います。

本メールにつきましても,回答等は必要ありません。

記録的大雪に対して,名取市が全く対応していなかったとは思っていない。実際,通常除雪作業が予定されている道路では,早朝から除雪作業が行われていた。それでも住民の一人として,行政の対応は不十分と感じるものだった。
私も不満を言うだけではなく,近隣住民の方と一緒に住宅周辺の道路の除雪を行い,歩行者や自動車が少しでも通行しやすく努めたつもりである。

名取市に限らず,インターネットを使った意見・質問の受付は自治体の多くで行っていると思われるので,こうしたツールを活用して,住民の意見を行政に直接伝えることも必要と思い,また,個人で或いは住民同士で愚痴を言っているだけでは行政に住民の要望は伝わらないと思い,今回のような要望を行った。
私の要望への回答は満足のいくものではなかったが,多忙の中,速やかに丁寧な回答を頂いた点については,名取市土木課に感謝する。

なお,私の要望への回答は,名取市土木課の市内除雪態勢ついての公式な考えと思われるので,記録のためUPした。
posted by itoh at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | 更新情報をチェックする

行政の除雪態勢(回答編)

先のエントリーで示した宮城県名取市の除雪態勢に対する私の要望に対して,2月13日にメールにて,名取市土木課から,次のような回答を頂いた。
(私の氏名はitohに置換し,担当者名は伏字にしている)
除雪作業についてのご意見をいただきありがとうございます。

除雪・融雪については12月1日号の広報でお知らせしておりますとおり、いわゆる生活道路までは対応できないのが現状です。
除雪しない区間や歩道の除雪は、地域の皆様の御協力をいただいています。
今回もitohさまをはじめ、地域の皆様の御助力により9日(日)の午後には通行可能な状態であったとのこと、大変ありがとうございます。

今回の積雪は仙台で78年ぶりという記録的な大雪でした。
普段は地域の皆様により除雪できていた道路や歩道も手が回らなかったという状況だったと思います。
だからこそ市が除雪すべきとの要望ですが、主要道路の交通確保だけで手が回らない状況は市も同様であることをご理解ください。

除雪作業は5センチ以上の積雪が見込まれる場合に実施し、朝の通勤・通学時間帯までに完了することを目標にしています。
実施にあたり、市内を十数地区に分けて、市内業者に担当を割り振っています。
積雪が見込まれる場合、担当業者は時間に関係なくパトロールを行い、迅速な対応に努めています。

今回の積雪についても8日(土)から除雪を始めており、深夜も除雪、融雪を実施しています。9日(日)もほぼ丸一日、対応しています。
それでも積雪が多く、除雪が追い付かない状況でした。

積雪対策がクライシス対応に分類されるのかどうかは分かりませんが、itoh様が記載のとおり、普段の降雪量が少ない名取市が、どれだけのコストをかけて降雪に備えるべきかは、意見の分かれるところだと思います。

除雪対象道路であっても除雪作業が行われたのか分からないとのことですが、アスファルトが見えるまでの除雪や融雪は困難なことをご理解いただき、全く実施の跡が見えない場合は、名取市土木課あてにご一報いただけると助かります。

なお、緊急車両については四輪駆動車を基本とし、状況に応じてチェーンを装着します。仮に出動要請があった場合でも対応可能であったと思われます。
早くから大雪の報道もありましたので、皆様の冷静な対応で出動要請もなかったとのこと、何よりのことと思います。

今後とも、名取市行政に関しお気づきの点について御意見賜りますようお願いいたします。


            名取市土木課庶務管理係 担当 xx
posted by itoh at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | 更新情報をチェックする

行政の除雪態勢(要望編)

2014年2月8,9日の記録的大雪に対する,私の住む宮城県名取市の除雪態勢について疑問に思う点があり2月11日に名取市公式サイトの「ご意見・ご質問」のページから,次のような要望を提出した。
(地区名は伏字にしている)
除雪作業についての要望です。
2月8日から9日にかけての大雪で,私の住むxx地区では,名取市の除雪作業対象外となっている団地内の生活道路において,住民個人の除雪作業能力を上回る積雪があり,少なくとも9日の午前までは自動車が通ることができませんでした。
このような記録的な積雪が見込まれる事態の時は,通常の除雪ルートだけでなく,xx地区団地内の生活道路のような道路も除雪作業していただくよう,強く要請します。

私の自宅周辺では,住民の皆さんの努力で,遅くとも9日夕方までには何とか自動車が通れるようになりましたが,それまでの間,団地内に自動車が通れない状態がしばらく続いたことになります。
今回は,緊急車両(救急車や消防車など)が出動するような案件が団地内ではなかったようですが,もし団地内に自動車が通れない時間帯に,そのような事態・案件が生じて住民の人命・財産に関わる事態となった場合,単なる天災によるものではなく,名取市の除雪体制の不備による人災と言われても否定できないと私は考えます。
通常の積雪量であれば,従来どおり住民個人個人の努力で対応できますが,今回のような記録的積雪の場合,重機による除雪作業を導入いただかないと,先にも述べたように住民の人命・財産が脅かされる事態になることも想定されます。
普段積雪量の少ない名取市にとって,今回の事態は非常事態だったのだとは思います。しかし,このような非常事態に日頃から備え,住民の人命・財産を守るのが自治体の責務ではないでしょうか。東日本大震災発生から3年になろうとしていますが,自治体のクライシス・マネージメントやリスク・マネージメント(両者は似ていますが異なる概念です)の確立という意味では,今回の記録的積雪に対する名取市の対応は,東日本大震災以前と大きく変わっていないと言わざるを得ません。

地方自治法第1条の2には,「地方公共団体は、住民の福祉の増進を図ることを基本として、地域における行政を自主的かつ総合的に実施する役割を広く担うものとする。」とあります。今一度,この地方自治法の理念を確認し,東日本大震災を経た自治体として,もっとしっかりとした市政運営をお願いしたい。

最後に,近所の方々と日ごろから話しているところですが,通常の名取市の除雪作業についても,除雪対象道路が実際に除雪作業が行われたか疑問に思うなど,不満に思う点が多いことも申し添えます。
posted by itoh at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | 更新情報をチェックする