2014年02月16日

行政の除雪態勢(再要望編)

先のエントリーで示した,宮城県名取市の除雪態勢に対する要望への名取市土木課からの回答に対し,2月13日にメールで,次のような再要望を提出した。
(担当者名は伏字にしている)
名取市土木課庶務管理係
xx 様

私が名取市電子申請・届出サービスを通じて除雪作業について要望した件について早速解答いただき,ありがとうございます。

私の先の要望でも述べましたが,通常の積雪であれば,私たち名取市民の互助によって対応可能と思われますが,数十年に一度の降雪量については,地方自治法の理念に基づき,行政の積極的な対応を求めたところです。

回答の冒頭にあった,

> 除雪・融雪については12月1日号の広報でお知らせしておりますとおり、
> いわゆる生活道路までは対応できないのが現状です。

を踏まえた上での要望だったのですが,その点がご理解いただけなかったのが残念です。

また,回答の中で,

> なお、緊急車両については四輪駆動車を基本とし、状況に応じてチェーンを装
> 着します。仮に出動要請があった場合でも対応可能であったと思われます。

とありましたが,四輪駆動もタイヤチェーンも万能ではありませんが,四輪駆動やタイヤチェーンの性能について名取市土木課として担保した上で上記の回答と判断させていただきます。

今週末も大雪の恐れの気象予報が出されています。
降雪および積雪によって,名取市民の人命・財産が脅かされないことを切に祈っております。

なお,先の要望では明記しませんでしたが,今回頂いた回答については,インターネット等で公開させていただく場合がありますので,ご了承願います。


最後に,ご多忙の中,丁寧な回答をいただき,ありがとうございました。
本メールへの回答等は必要ありません。

上記のメールで書き忘れた点があり,2月15日に次の点をメールで要望した。
(担当者名,地区名,公園名は伏字にしている)
名取市土木課庶務管理係
xx 様
2月13日のメールで申し忘れた点がありましたので,再度ご連絡しました。

私の住むxx地区には名取市所有の区画が複数あり,私の自宅前の広い空地も名取市の所有地と聞いています。
各宅地周辺部分の道路については,私を含む近隣住民で適宜除雪していますが,空地区画が広く,空地周辺道路の全てを除雪することは不可能です。
少なくとも名取市の所有地周辺については,所有者の責務として,きちんと除雪いただきますよう,よろしくお願いします。また,隣接するxx公園及び公園周辺につきましても,同様の対応をお願いします。

なお,近隣空地については,除雪の雪置き場として利用させていただいていますので,ご了承願います。

本メールにつきましても,回答等は必要ありません。

記録的大雪に対して,名取市が全く対応していなかったとは思っていない。実際,通常除雪作業が予定されている道路では,早朝から除雪作業が行われていた。それでも住民の一人として,行政の対応は不十分と感じるものだった。
私も不満を言うだけではなく,近隣住民の方と一緒に住宅周辺の道路の除雪を行い,歩行者や自動車が少しでも通行しやすく努めたつもりである。

名取市に限らず,インターネットを使った意見・質問の受付は自治体の多くで行っていると思われるので,こうしたツールを活用して,住民の意見を行政に直接伝えることも必要と思い,また,個人で或いは住民同士で愚痴を言っているだけでは行政に住民の要望は伝わらないと思い,今回のような要望を行った。
私の要望への回答は満足のいくものではなかったが,多忙の中,速やかに丁寧な回答を頂いた点については,名取市土木課に感謝する。

なお,私の要望への回答は,名取市土木課の市内除雪態勢ついての公式な考えと思われるので,記録のためUPした。
posted by itoh at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | 更新情報をチェックする

行政の除雪態勢(回答編)

先のエントリーで示した宮城県名取市の除雪態勢に対する私の要望に対して,2月13日にメールにて,名取市土木課から,次のような回答を頂いた。
(私の氏名はitohに置換し,担当者名は伏字にしている)
除雪作業についてのご意見をいただきありがとうございます。

除雪・融雪については12月1日号の広報でお知らせしておりますとおり、いわゆる生活道路までは対応できないのが現状です。
除雪しない区間や歩道の除雪は、地域の皆様の御協力をいただいています。
今回もitohさまをはじめ、地域の皆様の御助力により9日(日)の午後には通行可能な状態であったとのこと、大変ありがとうございます。

今回の積雪は仙台で78年ぶりという記録的な大雪でした。
普段は地域の皆様により除雪できていた道路や歩道も手が回らなかったという状況だったと思います。
だからこそ市が除雪すべきとの要望ですが、主要道路の交通確保だけで手が回らない状況は市も同様であることをご理解ください。

除雪作業は5センチ以上の積雪が見込まれる場合に実施し、朝の通勤・通学時間帯までに完了することを目標にしています。
実施にあたり、市内を十数地区に分けて、市内業者に担当を割り振っています。
積雪が見込まれる場合、担当業者は時間に関係なくパトロールを行い、迅速な対応に努めています。

今回の積雪についても8日(土)から除雪を始めており、深夜も除雪、融雪を実施しています。9日(日)もほぼ丸一日、対応しています。
それでも積雪が多く、除雪が追い付かない状況でした。

積雪対策がクライシス対応に分類されるのかどうかは分かりませんが、itoh様が記載のとおり、普段の降雪量が少ない名取市が、どれだけのコストをかけて降雪に備えるべきかは、意見の分かれるところだと思います。

除雪対象道路であっても除雪作業が行われたのか分からないとのことですが、アスファルトが見えるまでの除雪や融雪は困難なことをご理解いただき、全く実施の跡が見えない場合は、名取市土木課あてにご一報いただけると助かります。

なお、緊急車両については四輪駆動車を基本とし、状況に応じてチェーンを装着します。仮に出動要請があった場合でも対応可能であったと思われます。
早くから大雪の報道もありましたので、皆様の冷静な対応で出動要請もなかったとのこと、何よりのことと思います。

今後とも、名取市行政に関しお気づきの点について御意見賜りますようお願いいたします。


            名取市土木課庶務管理係 担当 xx
posted by itoh at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | 更新情報をチェックする

行政の除雪態勢(要望編)

2014年2月8,9日の記録的大雪に対する,私の住む宮城県名取市の除雪態勢について疑問に思う点があり2月11日に名取市公式サイトの「ご意見・ご質問」のページから,次のような要望を提出した。
(地区名は伏字にしている)
除雪作業についての要望です。
2月8日から9日にかけての大雪で,私の住むxx地区では,名取市の除雪作業対象外となっている団地内の生活道路において,住民個人の除雪作業能力を上回る積雪があり,少なくとも9日の午前までは自動車が通ることができませんでした。
このような記録的な積雪が見込まれる事態の時は,通常の除雪ルートだけでなく,xx地区団地内の生活道路のような道路も除雪作業していただくよう,強く要請します。

私の自宅周辺では,住民の皆さんの努力で,遅くとも9日夕方までには何とか自動車が通れるようになりましたが,それまでの間,団地内に自動車が通れない状態がしばらく続いたことになります。
今回は,緊急車両(救急車や消防車など)が出動するような案件が団地内ではなかったようですが,もし団地内に自動車が通れない時間帯に,そのような事態・案件が生じて住民の人命・財産に関わる事態となった場合,単なる天災によるものではなく,名取市の除雪体制の不備による人災と言われても否定できないと私は考えます。
通常の積雪量であれば,従来どおり住民個人個人の努力で対応できますが,今回のような記録的積雪の場合,重機による除雪作業を導入いただかないと,先にも述べたように住民の人命・財産が脅かされる事態になることも想定されます。
普段積雪量の少ない名取市にとって,今回の事態は非常事態だったのだとは思います。しかし,このような非常事態に日頃から備え,住民の人命・財産を守るのが自治体の責務ではないでしょうか。東日本大震災発生から3年になろうとしていますが,自治体のクライシス・マネージメントやリスク・マネージメント(両者は似ていますが異なる概念です)の確立という意味では,今回の記録的積雪に対する名取市の対応は,東日本大震災以前と大きく変わっていないと言わざるを得ません。

地方自治法第1条の2には,「地方公共団体は、住民の福祉の増進を図ることを基本として、地域における行政を自主的かつ総合的に実施する役割を広く担うものとする。」とあります。今一度,この地方自治法の理念を確認し,東日本大震災を経た自治体として,もっとしっかりとした市政運営をお願いしたい。

最後に,近所の方々と日ごろから話しているところですが,通常の名取市の除雪作業についても,除雪対象道路が実際に除雪作業が行われたか疑問に思うなど,不満に思う点が多いことも申し添えます。
posted by itoh at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | 更新情報をチェックする