2015年08月17日

読書感想文:「食品を科学する 意外と知らない食品の安全」

『食品を科学する 意外と知らない食品の安全』を読んだ。
「食品の安全を守る賢人会議」が編著となっているが、要は内閣府食品安全委員会の委員6人が、各章を担当して執筆したもの。洒落もあるのだろうが、“賢人会議”というネーミングはどうかと思う。少なくとも私は、上から目線に感じる。
本書編纂の目的が、「はじめに」(姫田 尚、食品安全委員会事務局長)に次のように述べられている。
科学的な事実を、できる限り分かりやすくお話し、私たちが食品安全について正しい知識が得られるように中立公正で科学的な信頼できる冊子を制作しました。

この目的のとおり、全体を通して、専門家が一般人に分かりやすく解説されており、入門書としてはバランス取れていて悪くはない。ただ、各章とも、もう少しポイントを絞って解説した方が良かった気がする。私としては、全体的に説明不足の印象が残った。

第1章と第2章は、内容は別として、書き振りが上から目線な感じがした。謙れというつもりはないが、もう少し書き様があったのではないか。また、第2章の農薬の安全性評価では、アクリフーズ事件以降、ARfD・短期暴露といったキーワードが比較的身近になっているし、昨年度末以降、農薬登録に関連して農業生産現場でも話題となっているのだから、ADIの解説のみではなくARfD・短期暴露についても解説すべきだった。

第3章の脂質の話は難しかった。これは、昔から化学が苦手な私の勉強不足によるものなので、素直に反省したい。章冒頭で植物油の食用化が比較的近年であることは案外知られていないので、良い解説だったと思う。トランス脂肪酸摂取については、日本でも一部の集団は注意が必要なこと、なぜその集団に注意が必要なのかという点については、もっと具体的に解説すべきだったと思う。確か、若い女性群等、洋菓子や菓子パン等の摂取が日常的に高い集団は、トランス脂肪酸摂取量が総エネルギー摂取量の1%以上となるリスクが高かったと記憶している。

第4章は、分かり易く説明しようとする意図は分かるのだが、もう少し詳しい解説が欲しいところ。例えば、なぜ最近はおにぎり由来の食中毒が減ったのか、その理由がない。恐らく、手洗いの励行や手袋の利用など、工程管理の改善によるものだと思う。

第5章では、メチル水銀の人体毒性に関連して水俣病を取り上げた際、なぜ原因企業のチッソの名前を出さなかったのだろうか。メチル水銀の毒性そのものを知るのにチッソの名前は必須ではないが、水俣病を知る上では必須である。116-120ページにかけて水俣病について丁寧に解説しているのだから、私はチッソの社名を出すべきだったと思う。なお、同章最後のコラムで、魚類はメチル水銀を排出出来ないことを初めて知った。ほ乳類は、排出するメカニズムを持ってるとのこと。「生物濃縮」と一言で表現しても、物質によってその代謝は異なる可能性があるので、一つ一つ丁寧に理解する必要があると感じた。

最後の第6章は、台所から見たリスクマネジメントということで、本書の中で一番親しみやすく読み進められた。一つ残念だったのは、写真がモノクロのため、食品の加熱状況の違いがよく分からなかったこと。予算的なことがあるのは分かるが、写真を見て違いが分かるよう、もっと工夫してほしかった。あれでは、写真を載せた意味があまりない。
posted by itoh at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境,食品,農業 | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

GAPについて、きちんと考えよう

購読しているメールマガジン「安心!?食べ物情報」の821号で、GAPについて非常に興味深いまとめ方をしていた。
詳しくはリンク先でお読みいただきたいが、本来GAPとは何か、その基本を振り返る良い内容となっている。ここで指摘されているJGAP協会の姿勢は、農業改良普及組織にもそまま当てはまる。本来GAPは農業者が自らのために行うものであって、農産物の差別化販売を目的としたものではない。それを、差別化販売に結びつかないと不平・不満を言って、GAP(や有機JAS・特栽・エコファーマーなど)を公然と批判・ダメ出しするのが、農業改良普及組織である。農林水産省生産局の思惑もあるのだろうが、あまりにも稚拙な発想で、怒りを通り越して呆れるしかない。

なお、同メールマガジンの前半の記事も必読もの。あまりにも間抜けな保護者のために、子どもが痛い思いをしたという食中毒事故の紹介。この記事では触れられていないが、その後の調査で、沢水から病原性大腸菌が検出されたと報道されていた。
posted by itoh at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境,食品,農業 | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

読書感想文:「栄養データはこう読む!」

「栄養データはこう読む!」を読了。
全体を通して感じたことは、食事に関連する治験は難しいな、ということ。そんな中、多くのデータを踏まえて一冊に纏めてある本書は、一読の価値大いに有り。最初はボリュームあって難しそうだなと思ったけど、案外スイスイと読み進められた。
その上で、幾つか本書を読んで思ったことを幾つか挙げておく。

第1章では、なぜ炭水化物及びアルコール飲料の過剰摂取で肥満を介さない経路で中性脂肪が上がるのか、もう少し解説が欲しいと思った。その理由がはっきりとは解明されていないのかもしれないが、それならそういう一言があっても良かったと思う。

朝食の話題では、doramaoさんが以前から言われてたことと同じで、やっぱりそうだよな、と再認識した。朝食を食べない事そのものより、その裏にある要因が問題、ということ。確か以前、uneyamaさんもblogで同じような事を指摘してたはず。こうした調査は、その結果をどう理解するか、改めて難しいと思った。

163ページに、「ダイエット:食べる? それとも 食べない?」というcolumnがある。dietの意味を知ったのは、8年位前に「dietary pesticides 99.9 all natural」を、辞書片手に苦労して読んだ時だった...。英語を始めとする外国語読解能力ゼロの私が、かなりの時間をかけて読んだだけの価値を、このBruce Ames先生の文献は持っている。専門に関係なく、"食"に関係する人全てが要チェック。もちろん、本書「栄養データはこう読む!」も同じ。

第4章に取り上げられている飲酒関連がんの死亡率では、犯罪やけがも挙げられているのが、この点は結構重要。この点を私が知ったのは、uneyamaさんのblogからだった。アルコールそのものの健康被害ももちろんだが、社会的な影響も十分に考慮しなければならない。飲酒運転による交通事故もその一つ。

ソフトドリンクの解説は、そうだよな・なるほどな、と改めて感じた。特に炭酸飲料と一緒に食べたい食品って、こうハッキリ指摘されると、何も言えない...。でも、cokeとフライドポテトやポテトチップス、この組み合わせは美味しい...。
ここで一点気になったのは、、ソフトドリンクの定義が食品衛生法の定義と異なっていたこと。食品衛生法では、乳酸菌飲料・乳及び乳製品を除く酒成分1容量%未満の飲料を清涼飲料水と定義されていて、これがソフトドリンクと解釈できると思う。

第6章冒頭の有機水銀の話は、内陸とはいえ元熊本県民として、複雑な思いで読んだ。私は、海岸部で産まれていれば水俣病患者になっていかたもしれない、そんな世代である。

本書の主題と異なる部分だが、219ページでイギリスやアイルランドの伝統的なビールと書かれていたことが、ビール好きの私としては気になった。エールビールは上面発酵ビールのことで、ラガービールがメインとなるまでは、ビールといえば殆どがエールビールだったはず。もちろん、ドイツやベルギーのビールも同じ。イギリスやアイルランドのみのビールではない。


色々と五月雨的に書いたが、「栄養データはこう読む!」で述べられていた点の概要の多くを知っていたのは、普段、食品安全情報blogをチェックしているお陰だと、改めて思った。
posted by itoh at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境,食品,農業 | 更新情報をチェックする