2015年11月09日

ベストとワーストの日本食

2015年11月9日食品安全情報blogに、次に引用する、なかなかcoolなレビューがupされている。
・ ベストとワーストの日本食

Best and Worst Japanese Foods

by Andy Bellatti | November 04, 2015

http://www.berkeleywellness.com/healthy-eating/food/article/best-and-worst-japanese-food

もし調理が少ない食品を探しているのなら生の魚を切っただけの刺身のような日本食がいいかもしれない。心臓に健康的なアボカドと繊維の多い玄米と抗酸化物質の多い緑茶の寿司ランチは良さそうに聞こえる。しかし塩と油をたくさん食べるのでベーコンチーズバーガーのほうがましになることもある。

米国では寿司の人気が高まり1960年代に最初の1店ができてから今や約4000店がある。同時にアメリカナイズされ、「フィリーチーズステーキ寿司ロール」のような「モンスター」巻き寿司もできている。

ここに注文すべきメニューと注文すべきでないものを示す。

5つの最悪日本食

1.みそ汁-ナトリウム爆弾

2.スパイシーロール-マヨネーズ入りの巻物

3.天ぷら

4.うどん ナトリウムが多い

5.火鉢(鉄板焼きのことらしい)

ベスト5

1.枝豆

2.刺身

3.シシトウ

4.冷や奴

5.ほうれん草のおひたし

(写真が見るからにノルウェーサーモンな感じで、それとアボカドが日本食の代表って言われるとなんだかな。塩はどうしようもない欠点。)

なお、括弧内はuneyama氏のコメント。
「和食日本人の伝統的な食文化」がユネスコの無形文化遺産に登録されたからといって、必ずしも「和食」が健康的な食事とは言えない。そもそも、「和食」の安全性が評価されたわけではなく、全く別の価値観で選定されたことを、きちんと理解しよう。
posted by itoh at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境,食品,農業 | 更新情報をチェックする