2015年12月08日

機能性食品表示制度の実態

2015念12月7日にupされた、FOOCOM.NET編集長の視点で、機能性表示食品について、合田幸広氏(国立医薬品食品衛生研究所薬品部長)のインタビューが掲載されている。機能性食品表示制度の実態を知る、正鵠を射た記事となっている。
こうした、私に言わせると眉唾的な制度を、行政組織も産業振興のために活用しようとしている。もともとが安倍晋三氏の規制緩和政策の一環で始まった制度だが、あまりにも中味のない酷い制度ではないかと思う。
posted by itoh at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境,食品,農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤肉・加工肉の発がん性についての良解説

2015年11月30日、食品安全委員会ウェブサイトに「レッドミートと加工肉に関するIARCの発表についての食品安全委員会の考え方」というページが開設された。
つい最近まで、マスメディアで騒がれていた、IARCの発がん性リスク分類で、加工肉のリスクとグループ2A「ヒトに対しておそらく発がん性がある」に分類したことが報道されていた件についての、食品安全委員会の見解・解説のwebページとなっている。
IARCのこの分類については、度々マスメディアが無責任な報道をセンセーショナルに行ってきたが、この分類について理解するための簡単な解説も掲載されており、また食の安全性の考え方の基本も解説されている。

今回の報道では、国内外で加工肉の販売が落ちたらしく、日本ではお歳暮時期ということもあって、お歳暮商品のハム類の販売が落ちたとの報道があった。相変わらず、「みのもんた症候群」から抜けきれない国民性を露呈している。
鳥獣肉の発がん性については以前から指摘されていたし、その摂取量によるものであることも示唆されてきた。そうした情報を知っていれば、今回の報道に左右されることはないはず。
今回の件と少し違うが、たとえば燻製や炭火焼きなどは、発がん物質が多く発生することから、以前から食品の焼き過ぎに注意するよう、国内外の政府系機関等が指摘している。一方、食品メーカーによっては、燻製の風味を活かしつつ、こうした発がん物質の発生を抑えるため、食品添加物を利用した燻製商品を開発しているが、こうした企業努力も、人によっては健康を害する食品添加物を利用した消費者騙しの商品開発、と捉えられてしまう。

マスメディアも、何度もIARCの発がん性リスク分類を取り上げているのだから、あの分類をどのように理解すべきか、いい加減きちんと理解できないのだろうか。
だから、「マスゴミ」と揶揄されるのだ。

ちなみに、トーストもほんのり薄茶色になる程度までに抑えておかないと、発がんリスクが高まると言われている。もちろん、これも摂取量の多少とも関係してくるので、ときどき食べる程度であれば、気にする事はない。
ただし、「こんがりトースト」が好みの方は注意が必要かも。

なお、この件については、食品安全情報blogでも何度か取り上げられているし("日記の検索"で「加工肉」等で検索)、食品安全情報(化学物質) No.23 (2015.11.11)(pdfファイル、約600KB)でも解説されている。併せて読んでいただきたい。
posted by itoh at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境,食品,農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする