2017年09月02日

「津波災害痕跡の考古学的研究」

考古学分野で色々と学ばせていただいている,斎野裕彦氏の博士論文がいよいよ発刊されるようだ。
Amazon.co.jpなどネットショップでは,予約を受け付けている。
考古学に興味のない人でも,自然災害,特に津波被害について関心のある人は必読・必携の一冊となるだろう。

詳しい内容は本書を読まないと分からないが,タイトル名と斎野氏のこれまでの発表論文から推察するに,仙台市沼向遺跡や仙台市沓形遺跡で行われた自然科学分野と連携した詳細な調査結果を始め,仙台平野を中心とした歴史上の津波被害について,考古学視点から考察した内容となっていると思われる。また,考古学視点に留まらず,文献史学視点からの論文を発表されているので,そうした論考も含まれると思われる。もしかすると,第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラムなどの内容から,近現代の津波被害についても取り上げられているかもしれない。

歴史上の津波被害痕跡の研究については,考古学分野,文献史学分野,自然科学分野など様々な立場から発表されているが,中には自説を強調したいがため,資料・史料解釈を歪曲しているのではと疑われるものもある。一方,斎野氏は,自身の専門分野である考古学資料であってもそのfactを慎重に吟味しており,そうした"fact"を積み上げた上で考察されているので,非常に説得力がある。文献資料解釈でも,文献史学研究者以上に慎重な史料批判を行っている。

今後の津波痕跡研究について,考古学分野はもちろん,文献史学分野や自然科学分野においても最良の調査研究マニュアルとなるのではないだろうか。


「津波災害痕跡の考古学的研究」
著者:斎野裕彦
出版社:同成社
出版年月日:2017年9月30日
ISBN:9784886217622
判型・ページ数:B5・256ページ
定価:本体9,000円+税
内容:東日本大震災を実体験した著者が、今後の防災を目的に、考古・文献・地質学などを駆使し津波災害痕跡の調査法とその分析法を提示する。
posted by itoh at 23:07| Comment(0) | 考古学 | 更新情報をチェックする