2018年12月16日

果実・野菜飲料-ストレートと濃縮還元-

某所で,果実・野菜飲料のストレートと濃縮還元における栄養成分の違いが話題になっていた。
ストレートと濃縮還元で大きな違いはなかったと記憶していたが,濃縮製法を忘れて島知っていたので,復習も兼ねて少し調べてみた。

まずは栄養成分の違い。
文部科学省ウェブサイトにある「食品成分データベース」で,バレンシアオレンジジュースを例に,濃縮還元果汁とストレート果汁の栄養成分を表にまとめた。
やはり,ほぼ違いはなかった。

次に濃縮方法。
Wikipedeaの記述を参考にすると,煮沸濃縮,真空濃縮,凍結濃縮,膜濃縮(膜分離),超音波霧化分離があるとのこと。
飲料メーカーのウェブサイトで調べてみると,カゴメ(株)では真空蒸発濃縮法が紹介されていた。
ほかに,日本ジュース・ターミナル(株)でも,ブラジルの工場で真空加熱して濃縮していると説明されていた。


juice.jpg
ラベル:画像
posted by itoh at 14:00| Comment(0) | 環境,食品,農業 | 更新情報をチェックする

GAPと食品衛生法

2018年6月13日,改正食品衛生法公布。

今回の改正のポイントの1つは,Codex準拠HACCPの制度化(これまではガイドライン)。
(a)公布から2年以内に施行。施行後1年間は経過措置期間。
(b)遅くとも,2021年6月から完全施行。
(c)法第11条第1項が該当。
(d)違反すると,1年以下の懲役又は100万円以下の罰則あり(法83条第1項)。

HACCPの義務化により,食品等事業者(注)は,衛生管理された農場から原材料を調達することが求められる。
(注)食品等事業者:食品を製造,加工,調理,貯蔵,運搬,販売等を行う事業者。卸売市場なども含まれる。

「衛生管理された農場」=「GAPに取組んでいる農場」なので,事実上,GAPを実施している農場からの原材料調達が求められる。

有機農産物,特別栽培農産物及びエコファーマーは,環境負荷低減技術の導入・定着を目的とした認証・認定制度であり,「衛生管理された農場」にはならない。

食品衛生法では,GAP認証までは求めていない。
→でも,GAP農場からの仕入れをどうやって証明する?

食品衛生法でCodex準拠HACCPが遵守義務になったことで,GAP取組は,国内市場で生き残るための最低条件となる。

流通業界では,以前から取引先農場に対して,GAP認証取得を求めている。
(例)イオングループ,セブン&アイグループ,伊藤園(株),日本コカ・コーラ(株),ゼスプリインターナショナルジャパン(株)等。

今後は,上記大手市場流通企業以外からも,GAP取組・GAP認証が求められるだろう。

JAの部会毎の出荷の場合,個々の農業者にGAP認証を求めるのは難しい。
→JAが団体事務局となって,GAP認証を進めるべきでは?

農業生産現場においてGAP取組支援をすべき農業普及組織やJA営農組織において,どの程度GAP取組支援可能なスタッフが育成されているのか?
(a)農林水産省が定義する「GAP指導員」
「GAPについて,指導に必要な知識を習得するための研修を受講し,3件以上の指導実績がある者。」
(b)2018年9月30日現在,全国で976名。
(c)宮城県,群馬県,神奈川県,京都府及び高知県は,0名。
(d)ほかに10自治体が,4名以下。

国ではGAP取組支援を重要視しているようだが,自治体によって対応に大きな違いが出ている。

取組が遅れている自治体は,将来,自治体内で生産された農産物が流通されなくても良いと考えているのか?


<参考リンク>
普及事業関係法令等(農林水産省)
GAP指導員(農林水産省)
posted by itoh at 13:17| Comment(0) | 環境,食品,農業 | 更新情報をチェックする