2014年01月03日

マスメディアの取り上げ方<br> (アクリフーズ冷凍食品からマラチオン検出(その3))

(株)アクリフーズ冷凍食品からマラチオンが検出された件について,Yahoo!ニュースでこの件の報道一覧を古い順から見ていくと,毎日新聞2013年12月29日(日)20時48分配信「<マルハニチロ>冷凍食品から農薬 90品630万袋回収」の記事で,最高だったコーンクリームコロッケで残留農薬の基準0.01ppmの150万倍(1万5000ppm)の高濃度と記載されており,マスメディア各社ではこの報道配信までには,今回のマラチオン検出濃度は,一般的な残留農薬のレベルを大幅に上回っていることが明らかになったはずだ。2008年1月の中国製冷凍食品における殺虫剤混入事件と,同様のレベルと見做してよいだろう。
このような高濃度の場合,まず取り上げるべきはARfDであってADIではない。
両用語の解説は(その1)記載の食品安全委員会の解説を参照していただきたいが,簡単に言ってしまうと,ARfDは急性毒性に関する指標,ADIは長期毒性に関する指標である。
異臭する程のマラチオンが冷凍食品に含まれていたと思われるので,まず注意喚起すべきは急性毒性についてである。長期毒性については,急性毒性の次に触れるべき問題だろう。
しかし,マスメディアの報道は,「残留農薬基準値の○○倍」といった的外れな表現が目立った。
(その2)でも触れたように,マルハニチロホールディングス又はアクリフーズの食品安全関連スタッフ(おそらく品質管理部門)は毒性評価を誤っていたが,マスメディアも似たような過ちを犯したといってよいだろう。先に引用した毎日新聞のネット配信記事にもある残留農薬の基準0.01ppmの150万倍(1万5000ppm)という表現は,マラチオンの急性毒性を何ら伝えていない。
こうした報道の基となったのは,マルハニチロホールディングス・アクリフーズの2013年12月29日第1報プレスリリース(pdfファイル321KB)に書かれている,次の文章によるものだろう。
残留農薬検査の結果から、「マラチオン(2,200ppm)」が検出された。
残留農薬ポジティブリスト制度の一律基準(0.01ppm)を上回る数値である事が確認された。

マルハニチロやアクリフーズのプレスリリースを信じるなとは言わないが,先に挙げたLD50とARfDの解釈の間違いも含め,マスメディア各社は,企業のプレスリリースの内容をチェックする能力がないことを,自らあからさまにしたようなものだ。

(公財)日本食品化学研究振興財団サイトでマラチオンの残留農薬基準値を見ると,0.01ppm(トマトジュース)から8ppm(小麦ほか38食品)と幅があるのが分かる。
残留農薬基準値は,ADIを基にフードファクター等を考慮して食品毎に設定されており,知見があまりない食品について,暫定的に一律基準0.01ppmが設定される仕組みになっている。
マラチオンの場合,一律基準0.01ppmが設定されているのはトマトジュースであり,この基準値が最も厳しい値であることから,おそらくマルハニチロ・アクリフーズがプレスリリースで取り上げたものと思われる。

マラチオンがどのようにして何に付着していのか不明な段階で,食品毎に設定されている残留基準値を取り上げ,その食品の安全性を示そうとすることが如何にナンセンスなことか。
こうしたマスメディアの的外れ・ナンセンスな報道は,以前から各所で指摘されてきた。
このような重大な問題を報道するに当たっても,未だマスメディアには学習能力がないようだ。ほんの数分間,ネットで情報を検索すれば分かることさえ,マスメディアは情報収集できないらしい。

これだから,「マスゴミ」と揶揄されるのだ。
posted by itoh at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境,食品,農業 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック