2014年02月21日

道路への雪出しに対する宮城県警の見解(回答編)

先のエントリーで示した道路への雪出しに対する宮城県警の見解を質問した私のメールに対して,2月21日にメールにて,宮城県警察本部交通企画課から,次のような回答を頂いた。まずは,次のような丁寧な回答を頂いた宮城県警察本部交通企画課に感謝する。
(私の氏名はitohに置換している)
itoh 様
 日頃より警察活動に御理解をいただきありがとうございます。
 貴殿からの「道路への雪出し」に関するメールを拝見させていただきました。
 道路への雪出しにつきましては、交通の妨げとなる場合やスリップ事故あるいは歩行者の転倒事故等につながる可能性がある大変危険な行為であり、法令上も道路交通法第76条第4項第7号に規定された「公安委員会が定めた禁止行為(宮城県道路交通規則第21条第2項)」に該当する場合もあるものと考えております。
 警察としましては、当該行為を認めた際は、直ちに行為者に対し、その行為の状況に応じて指導警告等を行うなど所要の対応を行っているところでありますが、今後は道路管理者等と連携し県民への周知を図ってまいりたいと考えております。
 今後とも、警察活動に対する御理解と御協力をお願い申し上げます。

               宮城県警察本部 交通企画課

宮城県警の回答では,道路交通法第76条第4項第7号に(中略)該当する場合もあるとあり,道路への雪出しが直ちに道路交通法違反とはならないような表現となっているが,回答冒頭で大変危険な行為でありと断言されているので,道路への雪出しは基本的に道路交通法違反との認識であると思われる。

先のエントリーの私の質問で触れているように,都道府県によっては,道路交通法施行細則や道路交通規則で道路への雪出しの禁止について明記している。それ以外の自治体では,道路交通法第76条第4項第7号に基づいて各公安委員会が判断することになろう。
他の都道府県公安委員会が宮城県警と同じ見解であるとは直ちには言えないが,少なくとも交通の妨げや道路凍結の恐れがある場合は,宮城県警と同様の見解が示されるのではないだろうか。

最後に参考として,雪対策第2次札幌市雪対策基本計画検討委員会の配布資料の中から,「「道路への雪出し禁止」根拠法令」として示されている資料を紹介する。(雪対策第2次札幌市雪対策基本計画検討委員会第3回検討委員会配布資料「別添資料:「道路への雪出し禁止」「路上駐車の禁止」根拠法令(PDF形式:111KB)」)
なお,最後の「道路交通法施行細則(道路における禁止行為)」は,「北海道道路交通法施行細則」のことである。
ネット検索すると,複数の自治体で,この資料で挙げられている道路法や道路交通法を「道路への雪出し禁止」の根拠法令として挙げている。

「道路への雪出し禁止」根拠法令

道路法(道路に関する禁止行為)
第四十三条 何人も道路に関し、左に掲げる行為をしてはならない。
一 みだりに道路を損傷し、又は汚損すること。
二 みだりに道路に土石、竹木等の物件をたい積し、その他道路の構造又は交通に支障を及ぼす虞のある行為をすること。
第百条 次の各号のいずれかに該当する者は、一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
三 第四十三条(第九十一条第二項において準用する場合を含む。)の規定に違反した者

道路交通法(禁止行為)
第七十六条 何人も、信号機若しくは道路標識等又はこれらに類似する工作物若しくは物件をみだりに設置してはならない。
2 何人も、信号機又は道路標識等の効用を妨げるような工作物又は物件を設置してはならない。
3 何人も、交通の妨害となるような方法で物件をみだりに道路に置いてはならない。
4 何人も、次の各号に掲げる行為は、してはならない。
七 前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が、道路における交通の危険を生じさせ、又は著しく交通の妨害となるおそれがあると認めて定めた行為
第百十九条 次の各号のいずれかに該当する者は、三月以下の懲役又は五万円以下の罰金に処する。
十二の四 第七十六条(禁止行為)第三項又は第七十七条(道路の使用の許可)第一項の規定に違反した者
第百二十条 次の各号のいずれかに該当する者は、五万円以下の罰金に処する。
九 第七十一条(運転者の遵守事項)第一号、第四号から第五号まで、第五号の三、第五号の四若しくは第六号、第七十一条の二(自動車等の運転者の遵守事項)、第七十三条(妨害の禁止)、第七十六条(禁止行為)第四項又は第九十五条(免許証の携帯及び提示義務)第二項(第百七条の三(国際運転免許証等の携帯及び提示義務)後段において準用する場合を含む。)の規定に違反した者

道路交通法施行細則(道路における禁止行為)
第19条 法第 76 条第4項第7号の規定による道路における禁止行為は、次の各号に掲げるものとする。
(2) みだりに交通の妨害となるように道路にどろ土、雪、ごみ、ガラス片その他これらに類する物をまき、又は捨てること。
posted by itoh at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/389354941
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック