2014年07月19日

よかたい先生

昨日ウッシーが学校から持ち帰ったプリントで,第60回青少年読書感想文コンクール課題図書の一つに,三枝三七子氏著書「ヒューマンノンフィクション よかたい先生 水俣から世界を見続けた医師 原田正純」が選ばれているのを知った。
水俣事件(水俣病問題)を知る上で,原田正純氏の著書を読む必要性を以前から感じていたが,多くの著書があり,どの文献を読むべきか悩み,結局今まで一つも読んでこなかった。本書であれば,私だけでなく,ウッシーの夏休みの読書感想文の課題としても良いと思い,昨日ネット注文した。
そして今日,たまたま立ち寄った書店で本書を見つけ,手にとって読んでみた。通常であれば,水俣病に関する書籍が私の住む書店に並ぶことは考えにくいためネット注文したのだが,第60回青少年読書感想文コンクール課題図書に選ばれたことから,店頭に置かれたのだろう。おそらく,全国の主な書店の店頭に並んでいるのではないだろうか。

著者の三枝三七子氏が行った,数年に亘る原田正純氏への取材を基に本書は書かれており,原田正純氏を通して水俣病を知るための入門書として,世代に関係なく読むことができる。
冒頭,原田正純氏が子どもの頃に体験した太平洋戦争の話から始まるのだが,これが原田正純氏が大人になって,水俣病を始めとする様々な国内外の公害問題と関わっていく原点であること,教育・政治・企業・戦争との奇妙奇天烈な関係が水俣事件を通して見えてくること,そうした問題提起がなされていると強く感じた。
これは,少し前から読み始めている林竹二著作集で,林竹二氏が,森有礼と学校教育問題や田中正造と足利鉱毒事件との繋がりの中で,何度となく問題提起しているものと全く同一であり,さらには昨今の様々な政治問題にも同質のものを感じる。

私は原田正純氏の事を多くは知らないが,本書を読んで,原田正純氏がどのような想いで水俣病み向き合ってきたのか,そしてどのような想いで「水俣学」を提唱されたのか,その原田正純氏の想いを垣間見ることができたと感じた。


<参考リンク>
よかたい先生
よかたい先生コミュニティ(facebook)
posted by itoh at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境,食品,農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/402101915
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック