2014年12月26日

「文化」であっても,科学に基づく理解が必要

最近の報道で,EUにおける鰹節の輸入制限について,uneyama氏が食品安全情報blogで解説されている。全く当然のことなのだが,こうした解説がweb上でなかなか見当たらないのが残念である。
詳しくは当該エントリーをご覧いただくとして,unayama氏解説の終わり部分をここに引用しておく。
いろいろなものを柔軟に受け容れて改良してきたのが日本の食文化なのであって昔の方法をそのまま是として変化を拒んできたわけではないでしょうに。

posted by itoh at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境,食品,農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411316014
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック