2015年08月01日

読書感想文:「栄養データはこう読む!」

「栄養データはこう読む!」を読了。
全体を通して感じたことは、食事に関連する治験は難しいな、ということ。そんな中、多くのデータを踏まえて一冊に纏めてある本書は、一読の価値大いに有り。最初はボリュームあって難しそうだなと思ったけど、案外スイスイと読み進められた。
その上で、幾つか本書を読んで思ったことを幾つか挙げておく。

第1章では、なぜ炭水化物及びアルコール飲料の過剰摂取で肥満を介さない経路で中性脂肪が上がるのか、もう少し解説が欲しいと思った。その理由がはっきりとは解明されていないのかもしれないが、それならそういう一言があっても良かったと思う。

朝食の話題では、doramaoさんが以前から言われてたことと同じで、やっぱりそうだよな、と再認識した。朝食を食べない事そのものより、その裏にある要因が問題、ということ。確か以前、uneyamaさんもblogで同じような事を指摘してたはず。こうした調査は、その結果をどう理解するか、改めて難しいと思った。

163ページに、「ダイエット:食べる? それとも 食べない?」というcolumnがある。dietの意味を知ったのは、8年位前に「dietary pesticides 99.9 all natural」を、辞書片手に苦労して読んだ時だった...。英語を始めとする外国語読解能力ゼロの私が、かなりの時間をかけて読んだだけの価値を、このBruce Ames先生の文献は持っている。専門に関係なく、"食"に関係する人全てが要チェック。もちろん、本書「栄養データはこう読む!」も同じ。

第4章に取り上げられている飲酒関連がんの死亡率では、犯罪やけがも挙げられているのが、この点は結構重要。この点を私が知ったのは、uneyamaさんのblogからだった。アルコールそのものの健康被害ももちろんだが、社会的な影響も十分に考慮しなければならない。飲酒運転による交通事故もその一つ。

ソフトドリンクの解説は、そうだよな・なるほどな、と改めて感じた。特に炭酸飲料と一緒に食べたい食品って、こうハッキリ指摘されると、何も言えない...。でも、cokeとフライドポテトやポテトチップス、この組み合わせは美味しい...。
ここで一点気になったのは、、ソフトドリンクの定義が食品衛生法の定義と異なっていたこと。食品衛生法では、乳酸菌飲料・乳及び乳製品を除く酒成分1容量%未満の飲料を清涼飲料水と定義されていて、これがソフトドリンクと解釈できると思う。

第6章冒頭の有機水銀の話は、内陸とはいえ元熊本県民として、複雑な思いで読んだ。私は、海岸部で産まれていれば水俣病患者になっていかたもしれない、そんな世代である。

本書の主題と異なる部分だが、219ページでイギリスやアイルランドの伝統的なビールと書かれていたことが、ビール好きの私としては気になった。エールビールは上面発酵ビールのことで、ラガービールがメインとなるまでは、ビールといえば殆どがエールビールだったはず。もちろん、ドイツやベルギーのビールも同じ。イギリスやアイルランドのみのビールではない。


色々と五月雨的に書いたが、「栄養データはこう読む!」で述べられていた点の概要の多くを知っていたのは、普段、食品安全情報blogをチェックしているお陰だと、改めて思った。
posted by itoh at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境,食品,農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423406838
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック