2018年11月23日

球磨焼酎(2)

球磨焼酎は現在28(26+1+1)の蔵元があるが,昔は30以上の蔵元があった。

球磨焼酎は,1995年にWTOトリプス協定で”地理的表示の産地指定”を受けたブランドの1つ。
球磨焼酎と謳えるのは,「米のみを原料として,球磨郡又は人吉市の地下水で仕込んだもろみを球磨郡又は人吉市で単式蒸留し,瓶詰めしたもの」という定義に基づいて製造された焼酎のみ。

日本で焼酎が作られるようになった時期ははっきりとは分からないが,文字資料から少なくとも16世紀後半まで遡る。
焼酎が作られるようになる前は,九州でも日本酒が主たるアルコール飲料だったのではないかと思われる。
ちなみに,九州でも,福岡市とその周辺,熊本市とその周辺の2地域は日本酒文化圏。

球磨焼酎は米を原料とした焼酎なので,人によっては,同じく米が原料の蒸留酒である泡盛と味が近いと感じるらしい。泡盛はタイ米(インディカ米),球磨焼酎はジャポニカ米を原料とする。

私の好みでお勧め蔵元&銘柄を挙げると,木下醸造所「文蔵原酒」,林酒造場「ごくらく原酒」,繊月酒造「川辺」。
焼酎を飲み慣れないのであれば,減圧蒸留銘柄が無難だが,私のお勧めはやはり常圧蒸留&甕貯蔵銘柄。「文蔵原酒」「ごくらく原酒」は常圧蒸留&甕貯蔵,「川辺」は減圧蒸留&甕貯蔵。
球磨焼酎「全蔵物語」という,ミニボトル(約100mL/1瓶)で全蔵元の代表銘柄を網羅した限定商品がある。在庫を持っているショップを探すのが難しくなっているようだが,もし見つけることができれば購入をお勧めする。球磨焼酎「全蔵物語」で自分の好みに合った蔵元を見つけ,その蔵元の銘柄を試して欲しい。

球磨焼酎の蔵元の1つ松の泉酒造は,内村光良氏(ウッチャン)の親類。内村光良氏の実家って,たしか人吉市で酒屋やってたと思う。それと,セブンイレブンなどでよくみかける六調子酒造(球磨焼酎の蔵元の1つ)の「六調子」のラベルは,人間国宝でもある故芹沢銈介氏によるもの。私の尊敬する旧石器文化研究で有名な故芹沢長介氏は,故芹沢銈介氏のご子息。

現存する蔵元のうち,6蔵元は江戸時代創業。私のお勧め蔵元に挙げた木下醸造所もその一つで文久2年(1862年)創業。銘柄名にも使用されている創業者の文蔵は,球磨郡に伝わる民謡「六調子」に,「多良木じゃ文蔵じい(爺)」と出てくるくらい有名だったらしい。他の5蔵元は,松下醸造場(文化元年,1804年),宮元酒造場(文化7年,1810年),深野酒造(文政6年,1823年),鳥飼酒造(口承では慶長以前),林酒造場(江戸時代中期)。
posted by itoh at 12:28| Comment(0) | favorite | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

James Brown「try me」

今年、James Brownの映画「Get On Up(最高の魂を持つ男)」が日本でも公開された。私の住む地域では既に上映終了しているが、地域によってはまだ上映しているところもあるようなので、まだ観ていない方は、是非ご覧いただきたい。
この映画は、NHK-FMのPeter Barakanの番組「Weekend Sunshine」で知り、急いで観にいった。私と同じような人がいたようで、同番組でその便りが紹介されていた。私も、映画を同番組で知ったこと、また映画を観てすごく感動した旨の便りを番組に送ったところ、2015年7月11日の同番組で紹介されたらしい。「らしい」というのは、この日、不覚にも番組を聴き逃したのだ。その後偶然、「Radio & Music - There Will Be Magic」というblogを見つけ、そこで私の便りが番組内で紹介されたことを知った。(2015年7月11日(土)のほぼWeekend Sunshine Part.1)いやぁ、とても嬉しい。同番組で私の便りが紹介されたのはこれで2度目だが、前回以上に嬉しかった。

私の便りでも書いた映画ライトシーンで出てきた「try me」、映画のシーンと共に観ていただきたい。
James Brown「Try Me」
posted by itoh at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | favorite | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

Mellowhead[] Mellowhead「Kanata」

私のfavorite musicianの一人,深沼元昭氏のソロユニットMellowheadの新作アルバム「Kanata」が,2015年4月22日に発売された。
発表日翌日に入手し,それ以降,毎日ヘビーローテーションしている。
毎回すばらしい楽曲を届けてくれる深沼氏,今回も,期待以上の作品だった。

<参考リンク>
『Kanata』セルフライナー
『Kanata』全曲メドレー(Youtube)
posted by itoh at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | favorite | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

古田足日氏死去

今日の報道で,古田足日氏が亡くなったことを知った。

私は小学生の頃,古田氏の作品を読んで感激し,その感想文を,本の巻末に記載の古田氏の自宅に送付したことがある。どの作品だったかは定かでないが,「忍術らくだい生」「宿題ひきうけ株式会社」「ぬすまれた町」のいずれかだったはず。
感想文を送付してしばらく後,古田氏から返事を頂いた。その手紙は今でも持っている。その手紙の中で,古田氏から吉野源三郎著「君たちはどう生きるか」を勧められた。早速購入して読んだが,とても面白く何度も読み返した。
古田氏に頂いた手紙の一部を引用する。
人は自分の性格を努力して変えることができる,ある程度まではね。また,人には自分の個性-持って生まれたものもある。「でも」,というか,「だから」といういか,自分はこうだ他人はこうだ,ときめつけてしまうのは,まちがいだと思う。

2年前,改めて「宿題ひきうけ株式会社」と「君たちはどう生きるか」を読みたいと思い,再度購入して読んだ。両作品とも,初版と改訂版の2通りがあるが,それぞれを購入して読み比べてみたりもした。
両作品とも,いずれ自分の子どもにも読んでもらいたいと,強く感じた。


古田氏のご冥福を,心よりお祈り申し上げる。
posted by itoh at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | favorite | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

「monkey business」と「monkey」

最近中古+一部出版社取寄せで,「monkey business」という雑誌の全巻を購入した。
「monkey business」は,2008年4月から2011年10月まで計15巻発行された季刊誌で,責任編集者は柴田元幸氏。
私にとって柴田元幸氏は,高校生の時読んだイーサン・ケイニンの処女作「エンペラー・オブ・ジ・エア」の翻訳者として,今に至るまで記憶していた人である。
その柴田氏が,2013年10月創刊の「monkey」という季刊誌の責任編集者として新聞に紹介されており,興味を持ってネット検索したところ,「monkey」の前身に当たる「monkey business」の存在を知った。両雑誌とも,国内外の様々な小説が紹介されているとの事だったので興味を持ち,書店で「monkey」の定期購読を申し込む一方,「monkey business」の全巻を揃えた次第。
「monkey business」第2巻まで読了したが,一部私の興味外の作品があったものの,全般的には楽しい雑誌であることは間違いない。
「monkey」創刊号も入手したが,「monkey business」全15巻を読むまでお預けにする予定。

そういえば,柴田氏がJ・D・サリンジャーの「ナイン・ストリーズ」を全訳して単行本として出していたが,そのきっかけが「monkey business」第3巻で「ナイン・ストリーズ」の全訳をしたことだったのを,「monkey business」を買い揃えて初めて知った。
柴田氏全訳単行本「ナイン・ストリーズ」は,買うかどうか悩んだが,持ち歩きにくい単行本ということで,購入を見送った経緯がある。
私の嗜好としては,サリンジャーの作品は,気軽に持ち歩きたいので,単行本より新書版の大きさが希望だったりする。
posted by itoh at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | favorite | 更新情報をチェックする