2012年12月23日

実験とは何か

2011年12月22日,23日に東北大学で行われた,第26回東北日本の旧石器を語る会に参加した。
1日目のミニシンポジウム「動作連鎖と技術組織の理論と実践」の終盤で,各発表者から石器属性の定量化や統計学利用について意見が出された。それらの是非は,発表者によって意見が分かれた。
発表者の一人である大場氏は,
痕跡の数値化,類型化はできない(あまり意味がない)。
(予稿集67ページ)
という意見を,
同じく発表者の一人である会田氏は,
さまざまな統計的手法を駆使して,もとめる形や技術を追い求めた。しかし,答えは見えなかった。
(予稿集26ページ)
との意見を述べていた。
自然科学分野においても,すべてのデータが統計処理されるわけではない。そういう意味においては,先の大場氏や会田氏の意見には首肯できる。

何らかのデータが得られたから統計処理してみるという発想は,統計処理利用において馴染まないと思われる。自然科学分野における実験においても,そうした発想で統計処理を行うことは基本的にない。
最初に実験計画法に基づく実験計画が作成された後,実験の実施→データの取得→データの取りまとめ→データの解析→次回への課題抽出,といった手順で進められる。
計画作成の際,まず何を明らかにするかポイントを絞る。また,実験の際に生じるであろう様々なエラーを考慮し,実験計画法に基づいて試験区や反復数などを設定する。
ただ漠然と実験するわけではなく,計画段階で目的を明確にし,その目的に対応した実験計画を組むのである。

ここで誤解してはいけないのは,恣意的に実験を行うのではないということである。実験計画に基づいて実験を行うことと,求める結果を得るために恣意的に実験を行うのとは違う。どの科学分野においても,恣意的な実験は結果の捏造と同じであり,研究者としてのモラルが大きく問われる。
このような意味においては,大場氏の「石器製作実験において,求める属性を出すように石器製作することは可能だ。」といった趣旨の発言は,本人は気づいていないだろうが,かなり深刻な問題を孕んだ発言である。
大場氏のような非凡な石器製作者であれば,先の大場氏の発言は実現可能と思われる。しかし,それを科学的な実験で行うことは,先に指摘したように捏造と変わらない行為である。2000年に発覚した旧石器捏造問題を受け,学術研究として再出発したはずの日本旧石器学界において,将来を嘱望されている若手研究者からこのような発言が出てくることに,私は大きな違和感を覚えた。

自然科学分野においても,自分の望む結果を恣意的に導くような実験を行うこと,もしくはデータを捏造することは可能である。しかし,ほとんどの研究者はそのような捏造行為は行わないし,仮に実験結果が予想に反したものであっても,そこから実験計画の問題を読み取って次に繋げるのが一般的な研究手法である。

旧石器捏造問題以降の日本考古学界において,学際研究の重要性が改めて主張されているが,それは単に他分野の技術的援用だけではなく,研究アプローチや研究哲学等も含めたものであるべきではないだろうか。この点は,阿子島氏が指摘された,考古学研究における哲学の重要性にも繋がるのではないかと思われた。

なお誤解のないように明記しておくが,私は,大場氏が捏造を行っている,或いはその可能性があるとは思っていない。前述のような発言をもたらしている,大場氏の実験に対する考え方に疑問を持ったものである。
posted by itoh at 21:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 考古学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

チーズ作りの技術は7500年前から

食品安元情報blog経由で知ったが,科学誌Natureに発表された論文によると,イギリスのUniversity of BristolのRichard Evershed氏(有機地球化学)率いる国際研究チームが,ポーランドから出土した約7,500年前の土器片に付着していた脂肪酸を化学分析した結果,現代のチーズ製造用こし器に匹敵するほど大量の乳脂肪分が検出され,当時チーズ製造が行われていた可能性があるとのこと。
脂肪酸分析と聞くと,帯広畜産大学中野氏の「脂肪酸分析」を思い出し,その評価に慎重になるのは私だけではないだろう。
Nature掲載論文なのでそれなりの査読は受けていると思うが,食品化学或いは分析化学の分野から,今回の発表について解説していただけるとありがたい。


<参考リンク>
考古学の残存脂肪酸分析と食の問題( 山口昌美氏)
posted by itoh at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 考古学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

板付遺跡

何度か福岡空港を利用する機会はあったのだが,なかなか訪問する機会のなかった板付遺跡。
今月,初めて訪問する機会に恵まれた。

遺構の見せ方など,改善を望む点が少なくなかったが,あのこじんまりとした資料館で約1時間過ごすなど,楽しんで帰ってきた。

遠賀川式土器と遠賀川系土器との繋がりと,自分なりに感じたことが,一番の収穫だった。


板付遺跡1 板付遺跡2 板付遺跡3 板付遺跡模型 夜臼式土器 板付式土器 石包丁 太型蛤刃石斧
タグ:画像
posted by itoh at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 考古学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

過去の津波被害についての科学的評価

2012年5月20日に開催された,宮城県考古学会研究発表会に参加した。
テーマは,「宮城県における歴史地震・津波被害」。
講演・研究発表を合わせて6題の発表があった。

蝦名氏の「慶長奥州地震津波の歴史学的分析」と題した講演は,その視点は興味深いものがあるが,まだ公表する段階のものではないだろう。
学術研究としては稚拙で科学的なクロスチェックがなく,蝦名氏の想像(創造)に依るところが大きい。このような内容を公表すると,文献史学の科学性が問われかねないと思う。
蝦名氏には,より一層の科学的な研究を期待したい。

研究発表では,発掘調査で津波の様相を科学的に捉えた仙台市沓形遺跡及び仙台市沼向遺跡に関連した報告が,特に興味深かった。
両遺跡の発掘調査に携わった斎野裕彦氏の発表における,考古学の視点から地質学分野における津波堆積物調査,特に(独)産業技術総合研究所や東北大学の調査に対する批判的評価は,今後の歴史的な津波被害の研究について,一石を投じる内容だった。
そのポイントを,2012年3月に報告された「東北地方における環境・生業・技術に関する歴史動態的総合研究 研究成果報告書1」の斎野氏の報告から,一部引用する。
現状では,沼向遺跡のほかに,発掘調査で,この津波の堆積物を検出した報告例はないが,仙台平野では,産業技術総合研究所活断層研究センターなどによる研究が行われており,澤井祐紀他(2007)は,ジオスライサーを用いたボーリング調査とC14年代測定で,貞観11年(869)の津波堆積物の層準を推定し,津波の遡上距離を算定している。しかし,その層準比定には,沼向遺跡の基本層序のように,上層から順に,十和田a火山灰層⇒間層⇒砂層:津波堆積物という自然堆積層による層序関係が明確に示されてはおらず,確認が必要とされる。特に,十和田a火山灰が層中にブロック状に混入している場合は,間層と砂層:津波堆積物も含めて,十和田a火山灰降下後に形成された耕作土の一部となっていることがあり,その層の直下の砂層は,貞観11年(869)よりも古く,沓形遺跡で検出された弥生時代の津波堆積物あるいは他の堆積物の可能性が高いからである。そのためか,年代測定値には大きな違いも認められている。また,地点的なボーリング調査による層準比定には限界もあり,基本層序の認識や平面分布を把握するうえで,重要な地点では,発掘調査を行って,その確認をすることも想定しておくべきである。
(強調はitohによる)

産総研等が行っているボーリング調査では,過去の耕作による撹乱(水田遺構やハタケ遺構の存在)を捉えることができないため,誤った評価をしている可能性があるということ。産総研等の地質学分野の研究者は,この点を過小評価しているように感じる。また,産総研の報告を読むと,特にC14年代測定結果と津波年代の推定について恣意的とも取れる考察を行っており,その科学性に疑問を持たざるを得ない。
斎野氏の発表では,貞観津波について書かれているとされる「日本三代実録」の史料批判も,非常に興味深い内容だった。

津波堆積物に関する東北学院大学教授松本秀明氏(地形学)の発表も,非常に興味深かった。
松本氏は沓形遺跡や沼向遺跡の調査にも自然科学分野の立場から携わっており,特に沓形遺跡の津波堆積物認定における慎重な科学的分析に関する発表は興味深かった。
その成果の一つである津波堆積物認定について,松本氏の発表資料から一部引用する。
沓形遺跡の発掘担当者である斎野氏との間で多くの議論が交わされ,津波にもたらされた堆積物とするには,(1)堆積年代が同一であること,(2)それが面的に広範囲に堆積していること,(3)海側から供給されていること,(4)沓形遺跡から津波来襲当時の海岸線まで追跡できること,を示す必要があると判断した。

発表の中でこれに加えて,当時の地形や堆積物の分布を明らかにすることも必要であることを指摘されていた。
なお,津波堆積物の特徴について松本氏が,「津波堆積物固有の特徴はない。周辺の地形や堆積状況によって津波にもたらされた堆積物の様相は変わってくる」と指摘されていたも印象的だった。
posted by itoh at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 考古学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

仙台市沓形遺跡第3次調査現地説明会

平成23年8月27日に行われた,仙台市沓形遺跡第3次調査現地説明会に参加した。

現在までの主な調査成果として,次の点が挙げられる。
 (1) 第1次調査成果と合わせて約20haの弥生時代中期の水田遺構が見つかったこと。
 (2) この水田遺構は津波堆積物に覆われて廃絶され,その後古墳時代前期まで水田は造られなかったこと。
 (3) 沓形遺跡の西方約1.5kmに,弥生時代中期の木製農具等が多く出土した中在家南遺跡があり,両遺跡には関連性があるのか注目される。

さらに調査が進められるとのことで,水田遺構内の調査でどのような遺物が出土するのか,弥生時代中期以前の遺構が見つかるのか,今後も注目していきたい遺跡である。

遺跡調査成果の詳細については,仙台市教育委員会ウェブサイトにUPされている現説資料を参照いただくとして,私が撮った写真を幾つかUPする。



沓形遺跡第3次調査範囲(北から) 並ぶ水田遺構 大畦畔 水口 沓形遺跡第3次調査出土土器 現地説明会冒頭の挨拶(仙台市教育委員会斎野係長) 津波堆積物について説明する東北学院大学松本教授(箱尺目盛4辺りの白い層が津波堆積物)



<参考リンク>
沓形遺跡遺跡見学会資料(pdfファイル,平成23年8月27日開催,第3次調査)
沓形遺跡発掘調査現地説明会資料(平成19年7月28日開催,第1次調査)
タグ:画像
posted by itoh at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 考古学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする