2012年05月03日

それでも大阪維新の会を支持しますか

我楽者さんのツイート経由で知った,大阪維新の会の愚かさ。

詳しくは,lessorの日記「大阪市「育て方が悪いから発達障害になる」条例案について」を読んでいただきたいのだが,本エントリーでも簡単に取り上げてみたい。

大阪維新の会が,2012年5月に大阪市議会へ提出する条例案「家庭教育支援条例 (案)」なるものがあるらしい。
その中で発達障害について,次のような記述がある。
第4章 (発達障害、虐待等の予防・防止)

(発達障害、虐待等の予防・防止の基本)
第15条
 乳幼児期の愛着形成の不足が軽度発達障害またはそれに似た症状を誘発する大きな要因であると指摘され、また、それが虐待、非行、不登校、引きこもり等に深く関与していることに鑑み、その予防・防止をはかる

(伝統的子育ての推進)
第18条
 わが国の伝統的子育てによって発達障害は予防、防止できるものであり、こうした子育ての知恵を学習する機会を親およびこれから親になる人に提供する

また,(基本的理念)第2条には,次のような記述がある。
(3)発達段階に応じたかかわり方についての科学的知見を共有し、子供の発達を保障すること

一方,発達障害の原因について,日本発達障害ネットワーク(JDDネット)ウェブサイトによると,次のように説明されている。
発達障害とは
すべての子どもたちはいろいろな可能性と個性をともに持って生まれてきます。発達障害というのは、そうした生まれながらの可能性や個性のあり方の1つだと私たちは考えています。それらは、基本的に脳の機能的な問題が原因で生じているものです。

ほかの関連サイトでも概ね同様の説明である。
発達障害の原因がすべて解明されているわけではないようだが,発達障害は先天的な脳の機能障害が原因と考えられており,現在の専門的な知見では,発達障害の心因説や環境要因説は否定されているとのこと。

しかし,大阪維新の会の「科学的知見」によると,発達障害は,「わが国の伝統的子育てによって発達障害は予防、防止できる」らしい。
大阪維新の会を支持する人たちは,こうした考えも支持することを十分認識してほしい。

最後に,lessorの日記「大阪市「育て方が悪いから発達障害になる」条例案について」から一部引用する。
 社会的な実践の行き着く先は「多くの人々に発達障害の特性を理解してもらうこと」となるのが必然である。社会の中で生きることを急ぐ必要はないが、社会の中で生きることを堂々と放棄する(させる)わけにもいかない葛藤の中で、親も子も支援者もゆっくりと理解者を増やす努力をしてきた。「発達障害」という概念がこれほどまでに広がってきたのは、さまざまな事件がらみの否定的な注目を契機としつつも関係者が「正しい理解」を普及させようとしてきた結果でもあっただろう。

 そんな努力の成果を一気にぶち壊すような条例が、このまま当事者も支援者も研究者もみんな黙り込んだままで可決するようなことになるならば、既に大阪市の関係者には抗えばどんな目に合わされるかという「恐怖」と「あきらめ」が蔓延していると思わざるをえない。



<参考リンク>
lessorの日記「大阪市「育て方が悪いから発達障害になる」条例案について
日本発達障害ネットワーク(JDDネット)
軽度発達障害フォーラム
世界自閉症啓発デー日本実行委員会<公式サイト>
国立特別支援教育総合研究所 発達障害教育情報センター
posted by itoh at 16:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 医療 | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

ピロリ菌の検査

もともと,にんにくを始めとする香辛料は苦手だったし,ストレスが溜まると胃腸を悪くしやすい体質なので,常々,ピロリ菌検査をしようと思っていた。

そこで今週始め,「尿素呼気試験法」という方法で検査を受け,今日,その結果を聞きに行った。

結果は,「陰性」。

とりあえず,ピロリ菌には感染していないと思われる。
posted by itoh at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

イトヒロさん,逝去

今朝,イラストレーターのイトヒロさんの訃報が入った。

イトヒロさんは数年前から,難病であるグリオーマと戦っていた。
そのイトヒロさんが戦いを終えて,逝かれたとのこと。

ウッシーは,「不思議の国の昆虫図鑑」がお気に入りだ。
グリオーマと戦いながら作った「父ちゃんは草野球選手」は,暖かいタッチの画が印象的な作品だ。

グリオーマと戦いながらも,作品を生み出していたイトヒロさん。
50代前半の若さ,まだまだ多くの作品を生み出して欲しかった。

私自身,イトヒロさんとは色々な思い出がある。
幼少の頃,セミの幼虫採りなどして遊んでもらった。
高校生時代は,修学旅行で上京した際,父の元職場に連れて行ってもらった。
大学生時代は,自宅のマンションに泊めていただいて,色々な話題で盛り上がった。
イトヒロさんから頂いた想いは,数知れない。

今はただ,イトヒロさんに安らかにお休みください,と言いたい。
合掌。
posted by itoh at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

胃がん

日本人に多いのが,胃がん。
色々とその原因は考えられるだろうが,その一つに,塩分の摂取が考えられている。漬け物や味噌汁など,塩分の多い食べ物が日本の食文化には少なくないのが,その一因と考えられている。

胃がんは,多くのかなり進行しないと自覚症状がない。そのため,1年に一度程度の内視鏡検査を定期的に受けていないと,初期の発見は難しい。ちなみに,バリウム検査では,初期がんの発見は難しい。

がんのステージは,初期段階からステージ1からステージ4まであり,ステージ4だと,1年以内の再発率(転移も含む?)は70~80%,1年以内と限定しなければ,再発率90%以上とされる。

胃がんには,高分子型と低分子型(スキルス)があり,スキルスは内視鏡でも発見が難しく且つ進行が早く,高分子型よりさらにやっかいである。

胃がんの開腹手術を行った場合,その予後はあまり良くないとされる。

胃壁の断面は,内側から,粘膜-粘膜筋板-粘膜下層(血管が存在する)-筋層-漿膜(しょうまく)下層-漿膜(障膜)で構成される。このうち,がん細胞の到達が粘膜下層までで留まっている場合を早期がんで,筋層以降外側へ到達している場合は進行がんと判断され,転移の可能性が大きいとされる。

胃がんが転移しやすい部位
 肺,肝臓,局所再発とリンパ節転移,腹膜播種,骨盤内,全身の骨
posted by itoh at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | 更新情報をチェックする

抗がん剤

胃がんに,抗がん剤は効きにくい。

抗がん剤は,がんを治す(完治,根治)ことできない。

抗がん剤治療は,1%の確率で,抗がん剤治療を行わない場合より早く死亡する。
抗がん剤は,がんの症状を悪化させる場合がある。

抗がん剤の奏効率は,一時的な効果でも認められれば効果ありとされる。
生存率,生存期間とは関係ない。
奏効率が認められたとしても,数か月(半年未満)。

同一の抗がん剤を継続して利用すると,いずれ薬剤耐性によって効かなくなる。
posted by itoh at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | 更新情報をチェックする