2016年09月12日

『各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいこと』

やっと、『各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいこと』を読了した。
先に読んでいた『地球とつながる暮らしのデザイン』が、あまりにつまらなくてなかなか読み進められなかったこともあって、発行されてすぐに買ったのに、1か月以上も机に置いたままになっていた。

本書は、子育てしている一般の大人向けに書かれていることもあって、読みやすく書かれている。私にとっては、執筆者の大半が何度もその文章を読んでいる人たちだったこともあって、一気に読み進めることができた。
子育て中の大人や今後子育てする予定の人たち、また教育現場(学校教育、社会教育)における副読本としてもすぐれた1冊となっている。

細かい点では、もう少し掘り下げて解説して欲しい!と思った点はある。
1つ挙げると、堀成美氏「ワクチンは毒だと聞きました」で、ワクチンの副作用について副反応はゼロではありませんが、ごくまれです。としか述べてない部分。
ワクチン摂取に不安を持つ保護者の多くは、漠然とワクチンの副作用に対して不安を持っているからこそ、反ワクチンに流されやすいと思われる。もちろん、ワクチンそのものの有用性を分かりやすく解説している本項は素晴らしいのだが、加えて、ワクチンの副作用についても同様に解説していただき、保護者の不安を少しでも取り除いて欲しかった。

私が特に良かったと思ったのは、「第4章 教育」の部分。この章で取り上げられている内容も既に知っていたが、改めて読んで、学校教育現場の異常性を改めて痛感した。
別の視点ではあるが、林竹二氏が1970年代から1980年代にかけて痛烈に批判した学校教育現場の構造的問題が、21世紀の現代においても何ら変わらず存在していると感じた。しかも、ニセ科学に基づく親学等を、現日本国首相の安倍晋三氏らが普及を図っていることに、背筋が凍る恐怖を感じた。
posted by itoh at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境,食品,農業 | 更新情報をチェックする

抗酸化物質に注意

2016年8月3日付け「食品安全情報(化学物質)No.16」(pdfファイル566KB)に、EurekAlertの「抗酸化物質に注意、科学的レビューが警告」という記事が紹介されている。
その記事の中に、次の一文がある。
抗酸化物質は健康的な酸素分子と病気に関連する酸素分子の両方に干渉する。

いい加減、”抗酸化物質=体に良いもの”というステレオタイプ的な発想は止めたらどうだろうか。
特に問題なのは、公的機関、農研機構や地方自治体の試験研究機関や中央・地方を問わない行政機関が、”抗酸化物質=体に良いもの”という発想を前提として、血税を用いて様々な事業を行っていること。もちろん、基礎的研究を進めるのは必要だと思うが、こうした公的機関の多くでは、実用化事業として取り組んでいる。
もっと適切な公金利用が行われて然るべきだろう。
posted by itoh at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境,食品,農業 | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

環境を”情緒的”に考えると...

『地球とつながる暮らしのデザイン』を読んでいて度々感じるのが、環境分野の人たちはなぜこんなにも”情緒的”で考えるのだろうということ。この違和感は、以前から感じていたことでもある。

食品ロスを減らすのを指摘してはいても、食品廃棄物を堆肥化して農業で使えば循環型社会となり得ると安易に述べたり、LCAの視点を取り上げつつも何故かフードマイレージの方が強調されていたり、地産地消や旬の農産物利用を安易に勧めたり...。考え方が間違っているとは思わないが、現実をきちんと理解していないと強く感じる。

食品廃棄物を堆肥化した肥料は、NPKのバランスが悪いものが多く、農業生産現場では使いにくい場合が多い。バーチャルウォーターの概念はまだしも、フードマイレージの概念では狭小的視野で全体像は掴めない。だからこそLCAの視点が必要だと思うのだが、LCAなどの数値に頼り切るようりも、五感やセンスで判断できるようになろうよ(110ページ)と述べたりする。農業は産業の一分野であり、経営が成り立たなければ農家をやる人なんていなくなる。農産物の旬の時期だけ出荷していては、単価が最も安いために農業経営は立ち行かなくなる。食料安全保障の観点から本当に国内農業を保護しようと思うのなら、旬の農産物を”栄養価が高く安いから買おう”と言うのではなく、”国内農業を下支えするためにも、旬の農産物でも高い対価を払おう”と言って欲しいものだ。一方、旬以外の時期にも様々な農産物を利用できることによって、常に栄養バランスの取れた食事が可能となっていることも、評価して欲しい。旬の時期にしか農産物を利用できなかった時代の栄養バランスについて、科学的に振り返ってみて欲しい。大体、食料自給率は、農水省の予算取りのためのプロパガンダに過ぎない。世界各国の熱量ベースの食料自給率はすべて農水省が非公開の計算式によって算出していることを、どれだの人が知っているのだろう。食料安全保障を守るためには、国際社会から孤立しないような外交努力がまずは必要である。

本書でははっきりと示されていないようだが、食料自給率よりエネルギー自給率の方が一桁少なく、10%に満たない。農作業だって、人力・畜力のみで行うならまだしも、産業として一定規模の面積を管理するのであれば農業用機械を使う必要がある。その動力源となるエネルギーの自給率が極端に低い日本において、”自給自足”生活は幻想に過ぎない。それを追求すればどのような生活が待っているのか、北朝鮮が良いお手本となるだろう。北朝鮮は、日本よりも食料自給率が高いのだから。

もちろん、環境負荷についてきちんと考え、可能な限り環境負荷低減していくことは大事である。ただ、その考え方が”情緒的”では、多くの人はついていけないだろう。
posted by itoh at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境,食品,農業 | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

食の安全を確保する

今、畝山智香子氏が寄稿していると聞いて、『地球とつながる暮らしのデザイン』を読んでいる。
畝山氏が寄稿しているのは8ページだが、食の安全を考える上で必要なポイントが分かりやすくまとめてあった。
ゼミ等の教材として畝山氏の著書1冊丸々取り上げるのが難しい場合は、この8ページを使うのも有りだと思う。

畝山氏の執筆部分の小見出し等は、次のとおり。
「食品の安全を確保する」畝山智香子
 食品とは何か
 食品のリスクとハザード
 リスクを比較・定量する
 食品と環境にために必要な知見

個人的には、次の部分を読んで、さすが畝山氏だなと感心した。
では「許容できるレベル」とはどのくらいなのでしょうか。実はこれこそが食品の安全性にとってとても大切でありながら困難な問いです。これは私たちみんなで決めなければならないのです。
(強調は、itohによる)
posted by itoh at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境,食品,農業 | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

高橋久仁子氏『「健康食品」ウソ・ホント 「効能・効果」の科学的根拠を検証する』

高橋久仁子氏の新著書『「健康食品」ウソ・ホント 「効能・効果」の科学的根拠を検証する』を読了した。
本書で指摘されていることは、高橋氏の今までの著書で述べられている点と同じだが、今回は、トクホや機能性表示食品など、近年の新しい国の制度に焦点を絞っているところが特徴的。
結論としては、次の記述に要約される。
栄養水準も衛生・医学水準も高いこんにちの日本では、世界に誇る長寿社会です。この恵まれた生活環境のもと、おいしいものを楽しく適度な量で食べ、身体を十分に動かし、休息する日々の暮らしに、「健康食品」が入り込む余地などない
(本書80ページ)

本blogでも何度が触れているが、「健康食品」に群がって利益を得ようとする人々の中に、今や政府・地方自治体等の公共機関も含まれている。トクホや機能性表示食品制度を作ったのは日本政府だし、そうした制度を利用して地元産品の販売促進を狙っているのが中央省庁・地方自治体である。科学的根拠が乏しいか無いに等しいものを根拠として、行政組織は何をしようとしているのか、また国民をどこに向かわせようとしているか、もう一度、地方自治法の次の条文の意味をかみしめる必要があろう。
第1条の2第1項 地方公共団体は、住民の福祉の増進を図ることを基本として、地域における行政を自主的かつ総合的に実施する役割を広く担うものとする。

私は、こうした"怪しげな"モノで国民を振り回すエネルギーを、OECD加盟国の中でも目立っている、子どもの貧困対策に振り向けるべきだと思う。


※国際機関の経済協力開発機構(OECD)「2015年度版の幸福度調査」によると、日本の子どもの貧困率は15.7%。OECD平均13.7%で、日本は加盟国(36か国)中11番目に高い。
posted by itoh at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境,食品,農業 | 更新情報をチェックする